育乳に早いという言葉はありません

バストに悩みを持つ女性

 

こんなの・・・私の胸じゃない。。

 

妊娠中や出産後の授乳中にあんなに大きくハリのあったバストが、卒乳すると嘘みたいに小さくしぼんでしまった、という方はたくさんいらっしゃいます。

 

この現象はなにも珍しいことではなく、出産・授乳を経験する方の多くが産後の胸の現実を知ることになります。

 

でも決して、諦めてはいけません!正しいケアをすることであの頃のバストは取り戻せます。ほったらかしにした場合とは雲泥の差。

 

そして、数あるバストアップアイテムの中で不動の人気なのがバストアップサプリです。

 

多くが女性ホルモンに働きかけるプエラリアを含み、短期間でバストアップを目指せるとあって大人気になっているバストアップサプリ。

 

本サイト「バストアップサプリ胸熱ランキング|垂れた胸を取り戻す育乳」では、各社のバストアップサプリを人気ランキング形式でご紹介。それぞれ価格はもちろん、含有量や美容成分の中身がちがうので、よく比べて選ぶことが大切です。

 

また、トップページではおもに、バストアップの基礎知識をまとめました。ページが長いですので以下の目次よりご参照いただければと思います。

 

マーキング用白背景

バストアップサプリ人気ランキング

マーキング用白背景

 

 
ベルタプエラリアの特徴

女性のバストアップを叶えるために、多くのバストアップサプリが発売されています。それぞれの商品の特徴や成分などをご紹介していきましょう。

最初にご紹介するのが「ベルタプエラリア」。商品名にも「プエラリア」とありますので、もちろんプエラリアミリフィカを主成分とするバストアップサプリメントです。
ベルタプエラリアの1番の強みはなんといってもプエラリアの含有量。なんと錠剤1粒あたり133rのプエラリアが含まれていますので、1日の摂取量3粒で400mgを摂取することができます。
また、純正100%の安心なプエラリアミリフィカ以外にも、女性に嬉しい美肌成分コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸を多く含んだ馬プラセンタ、若返りの果実ザクロの成分なども。さらにはリラックス成分であるレモンバームやローズマリーなどの5成分も配合されており、女性の美しさに総合的に働きかけてくれます。
価格は90粒あたり税込みで9,980円。1日3粒目安で1か月分として、1日約333円ですね。また、定期購入を申し込むとマッサージジェルがついてきたり、お得な価格で購入することもできます。

価格 9980円
評価 評価5
備考
 

 

 
B-UPの特徴

次にご紹介するのは「B-UP!」。バストアップのサプリメントでありながら同時にダイエット成分も含まれていますので、「バストアップとスリムの両方をかなえたい!」という方にはおススメです。

もちろんB-UP!にはプエラリアも250mg含まれています。ベルタプエラリアに比べて少ない、と思われますが、B-UP!に含まれるプエラリアは即効性のあるといわれる20倍濃縮のプエラリアエキス末と、じっくりと体に浸透していくプエラリア粉末を独自の比率でダブル配合。より高い効果を即効で得られるという口コミもありますね。
そしてB-UP!の注目点はダイエット成分が配合されていることです。脂肪燃焼で有名なカプサイシン、代謝を高めるフォルスコリやダイエットをサポートしてくれるギムネマやサラシアといった成分を含んでいます。
価格は60粒あたり税込みで6,600円。1日2粒が目安で1か月分として、こちらは1日約110円です。もちろん定期購入であればさらに価格は安く購入できますし、また効果がない場合も120間の全額返金保証のキャンペーンもありますね。

価格 6,600円
評価 評価5
備考
 

 

 

ぷるるん女神

ぷるるん女神の特徴

商品名からもバストアップがありそうな「ぷるるん女神」。もちろんこのサプリメントもプエラリアのほかにコラーゲン、プラセンタなど美容成分が含まれておりバストアップ以外にも女性らしい体作りに効果が期待できます。

ぷるるん女神の含有成分の特徴としては、BCAAといわれる必須アミノ酸や酵素も含まれていますので、B-UP!と同じくダイエット効果もありますね。
ぷるるん女神の成分で1つ気になる点があります。それは1回当たり飲むサプリのプエラリアの含有量が100mgであること。また主成分がプエラリアミリフィカではなく還元麦芽糖水飴です。他のサプリメントはほとんどがプエラリアミリフィカを主成分としている中、ぷるるん女神のプエラリアの含有量は少なめで主成分も異なります。
おそらく、プエラリアの含有量が少ないと効果がないのでは?と思われるかもしれませんが、自分の体にとっての適正な摂取量であった場合はその限りではありません。また、プエラリアの多量の摂取による副作用が心配な方は美容やダイエット成分をバランスよく含んだぷるるん女神から試してみる価値はありそうです。
価格は60粒あたり税込みで7,236円。1日2粒が目安で1か月分として、こちらは1日約241円です。もちろん定期購入であればさらに価格は安く購入できますし、また効果がない場合も90間の全額返金保証、初回は送料のみの630円(税別)で購入できるキャンペーンもあります。

価格 7,236円
評価 評価5
備考
 

 

 


>

エンジェルアップの特徴

「エンジェルアップ」はモンドセレクション銀賞を2年連続受賞もしている人気のバストアップサプリです。

エンジェルアップの最大の特徴はなんとプエラリア以外にも約20種類の美容成分が配合。もちろんプエラリアも1日あたり225mg摂取できます。
プエラリア以外の成分としてはコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が3種類、キレイな形の整ったバストを作るための美容成分であるレッドクローバーエキス、ブラックコシュ、マカやケラチンなどが8種類、ハトムギやザクロなどの若返り健康成分など多くの成分が配合されていますね。
価格は90粒あたり税込みで10,584円。1日3粒目安で1か月分として、1日約353円と少し他の商品と比べるとお高めです。定期購入を申し込むとお得に購入はできますが、エンジェルアップには返金保証がありませんので注意しましょう。その代わりエンジェルアップは口コミの多さと5年で10万個以上の販売実績があります。自信があるからこそ返金は受け付けていないというスタンスのようですね。

価格
評価 評価5
備考
 

 

 
レディーズプエラリアの特徴

最後にご紹介するのが「レディーズプエラリア」。商品の名前に「プエラリア」がつくだけあり、なんと樹齢20年以上の成熟したプエラリアミリフィカから取れる成分のみを抽出して配合しているサプリメントです。

そして驚くべきは今までご紹介してきたプエラリア配合のサプリメントと違い、なんとプエラリアミリフィカの配合率が99%。残りの1%は増粘安定剤ということで余計な成分を一切含まないという「これぞプエラリア」と言える商品です。高配合だからこそ、錠剤1粒あたりのプエラリアは330mgと群を抜いていますね。
これだけ高配合だとやはり価格は他と比べても高くなります。1箱60粒入り、税込みで21,600円。1日1粒で2か月分として1日あたり360円です。またちょっと気軽に試したい方向けには1粒あたりのプエラリア含有量を165mgと半分にして、錠剤も30粒入りの商品も販売されています
。(価格は税込みで6,480円)
純粋にプエラリアミリフィカの効果を実感したい方には配合率ナンバー1のレディーズプエラリアはおススメです。
バストアップサプリメントにもプエラリアの配合率やその他の含有成分などそれぞれ特徴があります。どのサプリメントも誰にでも効果があるというわけではありませんので、自分の体に合ったサプリメントを摂り、効果を実感できることが重要です。

価格 21,600円
評価 評価5
備考
 

バストアップサプリはなぜ効く?そのメカニズム

考え込む女性

 

胸にコンプレックスがある女性にとって気になるのはバストアップサプリ。

 

本当に飲むだけで胸が大きくなるなら是非とも試してみたいところですが、果たして本当にバストアップが望めるのか、半信半疑ですよね。

 

じつはバストアップサプリは胸を大きくしてくれる成分を複数配合することでその効果を発揮できるように作られているのですが、では一体どんな成分がどう作用するのでしょうか。

女性ホルモンとそっくりな作用をする成分

豊かなバストの女性

女性が女性らしい体つきになるよう働きかけるには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが欠かせません。

 

エストロゲンは卵巣で分泌され、肝臓で分解されてから体のあちこちへ運ばれて各場所でそれぞれの役割を果たしますが、胸に運ばれたエストロゲンはそこで乳腺の細胞を増やすよう働きかけます。

 

そこにもう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンが働きかけると、乳腺は発達し、結果として胸が大きくなっていきます。つまりこの2つの女性ホルモンが十分に分泌されればバストアップ効果が見込めるわけですが、女性ホルモンの分泌量は人によってさまざま。

 

そこで多くのバストアップサプリは女性ホルモン、特にエストロゲンと似た作用をするといわれている成分を配合することでバストアップ効果を狙っています。その代表的な成分としては「イソフラボン」や「ブラックコホシュ」などが挙げられます。

 

男性ホルモンを抑制することでホルモンバランスを整える成分

栄養素のカプセル

既に見たように女性ホルモンはバストアップに欠かせない要素ですが、体内で男性ホルモンが多く分泌されてしまうと女性らしい体つきや女性としての機能が低下してしまいます。

 

したがって男性ホルモンの作用を阻害することで女性ホルモンの活動を優位にさせる成分も、バストアップサプリに多く含まれています。

 

例えばノコギリヤシは男性の育毛剤などに多く含まれている成分ですが、これは薄毛の原因となっている男性ホルモンの作用を阻害させるためであり、これを女性が利用すれば女性ホルモンがますます優位になってバストアップ効果が望めるわけです。

 

この他に、バストにハリを持たせ大きさだけでなく美しいバストになるよう働きかけてくれる成分、例えばコラーゲンやビタミンEなども多くのバストアップサプリに含まれている成分です。

マーキング用白背景

これで間違えない!正しいバストアップサプリの選び方

指でポイントをしている女性

 

現在たくさんの種類のバストアップサプリが販売されていますが、できるだけ安全で効果の高いものを選びたいものですよね。

 

そこでバストアップサプリの正しい選び方をご紹介します。以下のようなポイントに注意すると大きな失敗や後悔をすることはないと思います。

 

含有成分を調べる

「バストアップのためのサプリなんだからバストアップ成分が配合されていて当然」と考えてあまり成分を見ないで購入する人は意外に少なくありません。勿論バストアップ成分が全く配合されていないバストアップサプリなどまずありませんが、大切なのは効果の高い成分がどれ程配合されているか、また何種類の成分がどんな目的で配合されているかをきちんと確認すること。例えばプラセンタやプエラリア、ブラックコホシュなどバストアッ効果のプ高い成分が高濃度で配合されているものほど期待値も高くなりますよね。また効果の高い成分を1つだけ単体で配合しているサプリもありますが、基本的には幾つかのバストアップ成分が複数配合されているものの方がお勧め。さまざまな作用から複合的にバストアップへと導くことができ、さまざまな体質の人に効果がでる可能性が高くなります。

製造元を調べる

毎日飲むことになるサプリメントですから、安全性を考え、その製造元、特に国産なのか外国産なのかを調べることは重要です。国内産の場合薬事法により健康食品に分類されるサプリメントに薬品成分を配合することはできませんが、外国産にはそのような制約がないため薬品成分を配合しているものも沢山あります。このため効果の高い成分を配合することができる反面、副作用も強く安全性の点で不安要素が残ってしまいます。そのため、バストアップサプリを選ぶ時には万一のことを考えて国内産のものを選ぶ方が安心でしょう。

コストパフォーマンスを調べる

他のサプリメントと同じくバストアップサプリも飲み続けてこそ効果を発揮するもの。継続できるかどうかに関わる大きな要素の1つは、やはり価格です。しかしいくら低価格でも効果も低ければ結果的にコストパフォーマンスは高いものになってしまいますから、できるだけ高品質でその品質の割には低価格なサプリを選ぶことが大切です。その商品のコストパフォーマンスを調べたいなら、ネットなどの口コミ評価を閲覧してみると良いでしょう。

マーキング用白背景

バストアップサプリの効果を高める飲み方

砂時計とカレンダー

 

バストアップサプリはあくまで健康食品であり、バストアップのための栄養素を与えることで徐々にその効果を得ようというものですから、飲みはじめてすぐに効果が期待できるものではありません。

 

同じバストアップサプリでも、飲み方次第で1〜3ヶ月ほどで効果が出てきたということもあれば1年以上かかってやっと効果が現れはじめたということもあるのです。

 

まさに継続こそ力。バストは1日にしてならず、ですね。

 

では、どのようなことを意識して摂っていけば効果が高いのでしょうか?もっとも重要な2点をあげてみました。

飲む時間帯を考える

バストアップサプリは薬ではないのでいつ飲んでも構いませんが、その成分が体に働きかけやすい時間帯に飲めばその効果性も高まります。

 

お勧めは空腹時や就寝前、またバストアップのためのエクササイズの前など。空腹時はつまり胃の中に何もない状態であるため、消化器官はサプリメントの成分を消化・吸収することに集中することができます。

 

また睡眠中は成長ホルモンが活性化し豊かなバスト作りをしてくれる時間帯となるためサプリメントの成分の効果を最大限に活用することができます。

 

飲む時期を考える

バストアップサプリはホルモンバランスに影響を与えることでバストアップ効果を得るものですから、生理周期に合わせた飲み方をするとその効果はアップします。

 

例えばプエラリアを配合したバストアップサプリであれば、卵胞ホルモンと似た働きをするプエラリア成分が最大限に活躍できるよう、卵胞期に飲むことをお勧めします。

 

逆にワイルドヤムなど黄体期に作用する成分が配合されているものは黄体期に飲むと効果的です。これを逆にしてしまうとバストアップが望めないばかりか体調を悪くしてしまう可能性さえあります。

 

また気になる生理中ですが、生理中はプロゲステロンを多く分泌するため、エストロゲンと似た働きをする成分を配合することでバストアップを促しているタイプのサプリは控えた方が良いかもしれません。

 

 

生理は人によってかなり症状が違うので服用しても問題ない場合も少なくありませんが、人によってはホルモンの分泌異常を引き起こしてしまう危険性があります。

 

またどんな健康食品にも言えることですが、「ホントに効果あるのかなぁ」と疑いながら飲むよりも、「絶対バストアップできる!」と信じて飲む方が、実際に効果も高くなると言われています。

 

この、人間の「思い込む・信じる力」はじつはまったく馬鹿にできないもので、例えば筋肉トレーニングでも、筋肉に負荷がかかって鍛えられるイメージを強く持つほど、より効果が高いというデータがあります。

マーキング用白背景

バストを大きくするだけでなく補助・矯正効果も

ふたつのりんご

魅力的なバストと言うとまず大きさを考える人が殆どかもしれませんが、じつは形も大切。大きくても垂れていたり上部の膨らみがなく潰れた形では魅力的なバストとは言えません。

 

逆に形の良いバストとは、全体的に丸みのある、いわゆる「お椀型」でしょう。ところが残念なことに日本人女性の多くはこの「お椀型」になりにくい体質なのです。

 

バストのタイプは2種類

そもそもバストの形は大きく分けて「乳腺質タイプ」「脂肪質タイプ」の2つになります。バストを構成しているのは乳腺とその周囲に付いて乳腺を守る働きをする脂肪ですが、乳腺質タイプの場合、乳腺それ自体が沢山詰まっていて触ってみると比較的固めです。

 

そのため大きな乳房でも重力に負けることなく垂れにくいのが特徴で、このようなバストは欧米人に多く見られます。映画や海外ドラマなどで見かける、あの、大きくてパンとしていて張り出している、あのバストのことですね。

 

ですから羨ましいことに乳腺質タイプである欧米人のバストは、大きい上に形も良く、物理的な圧力に負けることもないですね。一方、「脂肪質タイプ」は乳腺の数に比べてその周囲に付いている脂肪が多いタイプのバストのことで、乳腺質タイプが乳腺そのものの多さで大きさを保っているのに対し、脂肪質タイプはその周囲の脂肪の多さで大きさを保っています。

 

したがって触ってみると柔らかく、そのため重力に負けやすく垂れたり形が変わったりしやすいのです。どちらが良いかと言えば当然乳腺質タイプなわけですが、残念なことに日本人は脂肪質タイプに属しています。

脂肪質タイプの胸の形を整えるには

そこで脂肪質タイプの日本人が胸の形を矯正するには、元々少ない乳腺の数を増やし強化してあげる必要があります。乳腺の数は思春期に分泌される女性ホルモンの量によってほぼ決まると言われていますが、じつは大人になってからも乳腺を発達させることは可能です。

 

その手っ取り早い方法として女性ホルモン剤や注射を利用する人もいますが、そのような人工的な方法に頼らなくても女性ホルモンの分泌を助け乳腺を発達させることができます。例えば女性ホルモンを増やす栄養素を配合したバストアップサプリなら、医療措置に頼らず自然な形で徐々に乳腺を強化し、美しい形に強制してくれると期待できます。

マーキング用白背景

気になるバストアップサプリの副作用

背中合わせの二人

 

どんな成分も、過剰に摂取すると身体に何らかの悪影響を与えます。

 

例えば体の健康に欠かせないビタミンAでも過剰に摂取すると頭痛や関節痛、吐き気、胎児奇形などの副作用を引き起こすのと同じように、バストアップサプリも用量を守らず過剰摂取すると何らかの副作用を引き起こす可能性があります。

エストロゲン過剰摂取による副作用

バストアップサプリに使用されている主な成分の殆どは女性ホルモンであるエストロゲンなどの分泌量を増やすよう働きかける栄養素や、エストロゲンと似た働きをする栄養素なのですが、そもそも人の体が1日に摂取できるエストロゲンの量には限界があり、食事以外のサプリメントなどで摂取する場合には1日30rまでとされています。それでこの限界量を超えた場合に過剰摂取による副作用を引き起こすことがあるのです。バストアップサプリの副作用として最も多いのが、生理不順や肌荒れ、倦怠感、貧血、頭痛などのホルモンバランスの乱れによって起こるものです。サプリによって女性ホルモンが過剰に分泌されてしまうので、これは当然のことと言えますね。勿論体質もあるので沢山飲んだ人全てにこれらの副作用がでるわけではありませんが、早く胸を大きくしたくて用法・用量を守らずに飲んでしまったという人に多く見られる症状です。

アレルギー反応がでる場合も

一方、ホルモンバランスとは関係のないアレルギー症状を発症してしまう人もいます。これはバストアップサプリに含まれるイソフラボンやマカ、ノコギリヤシなどの天然成分に元々アレルギーのあった人が、それと知らずに飲んでしまった場合に起こります。もしバストアップサプリでアレルギー反応がでたなら速やかに使用を中止してください。

 

基本的にこの2つの症状が一般的な副作用と考えられますが、加えて製造元も成分も良く分からないような極端に安いサプリや、薬品に分類される成分を配合した海外のサプリを飲んだ場合に何らかの副作用を起こす可能性もあります。

 

しかしこれらは購入時に良く検討すれば防げるものです。またごくまれに聞く「バストアップサプリで乳がんになる」という噂ですが、実際には厚生労働省にそのような報告がなされたことはなく、バストアップサプリで乳がんになる可能性は殆ど0に近いと考えて良いようです。

マーキング用白背景

40代以上でもバストアップサプリは効果がある?

40代の女性

 

バストアップサプリの主要な成分は女性ホルモンの分泌を促すものや女性ホルモンと同じ作用を持つもので、これによって乳腺を発達させることでバストアップさせることが目的です。

 

このためサプリメントに頼らずとも女性ホルモンの分泌が活発な10代後半から20代前半の女性の場合、バストアップサプリを飲むよりもバストの発育を妨げるような生活習慣や行ためを控える方が効果的とされています。

 

バストアップサプリの力が必要になってくるのは、女性ホルモンの分泌量が徐々に減り始める20代後半から30代にかけて。

 

この時期にバストアップサプリで女性ホルモンを補い、バストアップを図るのです。したがって殆どのバストアップサプリは20代後半から30代にかけての女性をターゲットとしており、実際にこの年代の女性たちからの支持が最も高いようです。

 

40代から女性ホルモンは急激に減少する

女性ホルモンの分泌量を年代別にグラフにして見てみた場合、その分泌量が著しく減りだすのは40代からで、50代の閉経時期に向けて一気に下降していきます。そこで疑問に思うのは、「一気に女性ホルモンが減っていく40代に、バストアップサプリを飲んで果たして効果があるのか?」ということ。つまり下降がまだ緩やかな30代までならサプリメントで補えるとしても、40代の下降スピードにサプリメントの力が追いつくのか、という疑問です。

 

40代でもバストアップサプリには効果アリ

先にも述べたとおりバストアップサプリとは体内の女性ホルモン量を増やすサプリメントであり、女性ホルモンが急激に減少する40代であれば尚のこと外部から補ってあげる意味でもバストアップサプリは必要な栄養素です。

 

ただ20代後半から30代にかけての頃と比べると、どうしても効果が出てくるまでに時間がかかってしまうことは致し方ないことでしょう。それでも「特に40代にお勧め」とされているサプリを選び、用法・用量をきちんと守って摂取し続ければきちんと効果は得られますし、実際40代でバストアップに成功したという体験談は幾つもあります。

マーキング用白背景

ピルと併用してもOK?

ピル

 

ピルと言えば女性が服用する経口避妊薬で、最近ではバストアップ効果や生理不順、ニキビ、多毛症などに対するホルモン治療として使用されることも多くなっています。しかしピルを服用している場合、加えてバストアップサプリを併用することには危険が伴うため、どちらかの使用を中止するようにとの呼びかけがなされています。

 

そもそもピルとは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを一定量になるように配合し、ホルモンバランスを妊娠と似た状態にすることで体が妊娠したと勘違いし、排卵が起きないようにする避妊薬。一方バストアップサプリの殆どにはプエラリアなどの植物性エストロゲンが配合されているため、この2つを併用するとエストロゲンの過剰摂取になってしまいます。

 

エストロゲンの過剰摂取によって起きる副作用として代表的なのは生理不順や吐き気、倦怠感、肌荒れ、頭痛などの症状。これは勿論ピルとの併用だけでなく、バストアップサプリ単体を過剰摂取した場合にも起こる副作用です。

 

またエストロゲンの過剰摂取によっても発症すると噂される乳がんについてですが、バストアップサプリに配合されているのはエストロゲンそのものではなくエストロゲンと似た別の成分であるためこれが直接乳がんに繋がるということはありません。

 

しかし乳がんは女性特有のがん疾患の中では最も発症率の高いものであり、もし乳がんを罹っていた場合、ピルとバストアップサプリの併用によるエストロゲン過剰摂取がバストの細胞分裂を促し、結果としてがんの進行を早めてしまうという危険性は否定できません。

 

このようにエストロゲンの過剰摂取という観点から見てピルとの併用はお勧めできないわけですが、バストアップサプリの中にはプエラリアを配合していないタイプのものもあり、この場合ピルとの併用も可能であると考えられます。

 

ただその中にも女性ホルモンを活性化させる成分が配合されているものもありますし、体質によっても体の反応はさまざまですから、万が一のことを考えるならまずは医師に相談してみる方が良いでしょう。

 

ピルを服用中で並行してバストアップを図りたい場合には、バストアップサプリよりバストアップマッサージなどを取り入れる方が確実かもしれません。