ごきげんようで紹介された平山あやさんのバストアップ

少し以前のことになりますが、テレビ「ごきげんよう」で平山あやさんのバストアップ法が紹介されていましたね。

 

何でも彼女は14才で芸能界入りした時にダイエットのためにと毎日キャベツ1玉を食べ続けたのだとか。おかげで半年後にはダイエットに成功したのですが、何と不思議なことに胸も大きくなっていたのだそうです。

 

普通ダイエットをすると胸も小さくなってしまいがちなだけに、平山あやさんのこのバストアップ(兼ダイエット)法は多くの女性にとって気になるところです。

キャベツがバストアップに繋がる理由

平山あやさんが毎日食べ続けてバストアップ効果を得たというキャベツには、食物繊維やビタミンの他に「ボロン」という栄養素が含まれています。

 

ボロンは女性ホルモンの1つであるエストロゲンを活性化させる作用があるため、これを摂取することでエストロゲンの分泌がさかんになります。

 

エストロゲンが乳腺に働きかけてバストアップすると考えられるため、平山あやさんが意図せずバストアップを果たしたのもこの作用によるものではないかと思われます。

 

またある検証によると、キャベツを食べることで血液がサラサラになり、必要な栄養素がきちんと胸に届いてバストアップしたとも考えられると述べられていました。

キャベツだけでバストアップは難しい

このようにバストアップに繋がる栄養素を持つとは言うものの、平山あやさんのようにひたすらキャベツを食べてさえいれば胸が大きくなるのかというと、そうではないようです。

 

確かにバストアップにはエストロゲンの働きが欠かせませんが、実際に胸が成長するためには他のさまざまな栄養素も必要です。

 

それに胸が育たない原因には冷えや乳腺・ラクトゲン受容体の未発達、睡眠不足などさまざまな要素が考えられますから、これらをキャベツのみで解決することなど不可能でしょう。

 

また気をつけたいのは過剰摂取。キャベツばかり食べ続けることでそこに含まれる栄養素を過剰摂取することになると、ホルモンバランスが乱れ、バストアップどころかさまざまな副作用を引き起こす危険性もあります。

 

確かにキャベツにはバストアップに必要な栄養素が含まれているとは言うものの、あくまで1サポート役として取り入れるようにするべきであり、他のさまざまなバストアップ法と上手く組み合わせる必要があるでしょう。