生理中にバストアップサプリは摂れる?

生理中でも飲めるサプリを活用してバストアップ

 

バストアップ法としてはかなり効果が高いのがバストアップサプリですが、殆どのバストアップサプリには「生理中の服用はお控えください」という注意書きが書かれています。

 

特に短期間でバストアップしたい人にとっては、生理中であっても飲み続けてとにかく早く胸を大きくしたい!と思うかもしれませんね。

 

では果たして生理中でも飲めるバストアップサプリは存在するのでしょうか。

 

生理中バストアップサプリを飲んではいけない理由

そもそも生理中のバストアップサプリがご法度とされているのは、バストアップサプリに配合されているプエラリアという成分のためです。

 

プエラリアには胸を大きくするのに必要なホルモンであるエストロゲンと同じ作用があるため、飲む時期によっては体内でエストロゲン過多となって副作用を引き起こす危険性があります。

 

女性の生理周期は大きく分けて生理中、卵胞期、黄体期の3つに分けることができますが、このうち生理が終わってから黄体期へと変わる直前の排卵日までの間の卵胞期にはエストロゲンの分泌が徐々に高まっていきます。

 

その波に乗ってプエラリアを服用すると高いバストアップ効果が得られるとされているのですが、それ以外の時期はエストロゲンの分泌量が著しく変化するため、そこにプエラリアを服用することでバランスが崩れてしまう恐れがあり、特にホルモン分泌が不安定になる生理中は控えた方が良いとされているのです。

 

 

生理中でも飲めるバストアップサプリとは

このように基本的にバストアップサプリの生理中の服用はNGとされているのですが、例外的に生理中でも飲めるサプリも僅かながら販売されています。

 

その1つは「グラマー」で、「生理中でも飲めること」をキャッチコピーの1つにしています。グラマーにもプエラリアが含まれているのですが、同時にブラックコホシュやチェストベリーといった女性ホルモンの分泌を調整する作用を持つ成分も配合されているため、エストロゲン過多にならないようバランスを取ってくれるのです。

 

またそもそもプエラリアが配合されていない「ピンキープラス」も生理中に飲めるバストアップサプリです。プエラリアの代わりに血行改善効果や睡眠の質の向上効果がある成分などを配合することで総合的にバストアップを目指すサプリであるため、副作用の心配がないと言われています。