何も胸まで小さくならなくていいのに

悩む女性

 

ダイエットをして目標体重まで落とすことに成功したけれど、同時に胸も小さくなってしまった!という経験をした人は多いと思います。

 

「太る時は下半身から太り、痩せる時は胸から痩せる」という話もよく聞きますよね。ダイエットで胸が小さくなるのは宿命だから仕方ない、とあきらめていませんか?

 

確かに、脂肪が9割のバストはダイエットすると高確率でしぼんでしまいます。

 

理由はバストの組織にあり

女性の柔らかいバストの9割は脂肪、1割は乳腺で構成されています。ダイエットの目的は体の脂肪を落とすことですので、もちろん脂肪9割のバストも落とすべき対象から外れないことと、実はバストの脂肪はダイエットで落ちやすい性質があるのです。

 

ダイエットとバストアップの両立、特にバストを落とさないようにをするためにはダイエット方法の工夫と努力が必要になりそうですね。

 

しかし良く考えてみてください。ダイエットによって脂肪が減れば確かにトップバストもワンサイズダウンします。

 

同時にアンダーバスト周囲の脂肪も落ちているわけですから、カップサイズは変わらないはずなのです。

 

しかし現実にはダイエットのせいで胸が小さくなった女性は多いですよね。他に比べて胸だけがどうしてこんなに・・・と思うのは、ひょっとしたら間違ったダイエットをしている可能性があるのです。

食べないダイエットは胸をより小さくする

食事制限のイメージ

 

「ダイエットは脂肪を落とすため胸の脂肪が落ちて貧乳になる」とよく言われますが、そもそも胸の大きさは脂肪の量というよりは脂肪が取り囲んでいる乳腺の数によって決まります。

 

乳腺は女性ホルモンが作用することで発達しますから、女性ホルモンの分泌量が少なかったり女性ホルモンを乳腺にまで運ぶ血流が悪かったりすれば胸が育たなくなってしまいます。

 

、「食べないダイエット」で栄養素が不足すれば、必要な女性ホルモンが正しく分泌されず血行も悪くなって貧乳になってしまうのです。

 

言い換えれば、ダイエット中でも必要な栄養素をきちんと摂っていれば、胸の大きさはキープできるわけです。

 

食事制限をしてしまうと、まずは脂肪が落ちると同時に筋肉も落ちていきます。そして、体の中で血液を流すポンプの役割をしてくれている筋肉が落ちてしまうと、血液の循環が悪くなってしまいますので、バストまで必要な栄養素を運んでくれなくなってしまうのです。

 

また、バストアップには乳腺を発達させる女性ホルモンの分泌が欠かせません。女性ホルモンを生成するためにはたんぱく質などの栄養素が必要ですが食事制限で栄養素が取れなかったらどうなるでしょう。

 

必要な栄養素がバストまで運ばれないことに加えて、そもそもの栄養不足でバストダウン、バストはしぼんでしまいます。

ランニングするとどうして胸はしぼむのか

ランニングをする女性

 

前述のことから、ダイエットするならきちんと食事を摂りつつ運動によってエネルギーを燃焼させる方法なら胸が小さくなってしまう恐れがないわけですが、1つ注意したいのが、ランニングによるダイエットです。

 

ランニングは有酸素運動ですからダイエットには非常に効果的なのですが、ランニングをするとどうしても胸が揺れますよね。

 

じつはこの揺れが大敵。バストの大きな方は特に気になりますが、走ると女性のバストは上下にユサユサと揺れます。実はこの「揺れ」によってバストを構成する脂肪のなんと9割が燃焼してしまうのです。

 

さらにバストが揺れることによってバストを上向きに支えているクーパー靭帯という組織も伸びた状態になってしまいますので、バストを下に垂らしてしまう結果になってしまいます。

 

マラソンランナーにバストの大きな方はあまりいないのが、もっともわかりやすい例かと思います。

 

ただ運動の習慣それ自体はダイエットにもバストアップにも良いことなので、できるだけ胸を揺らさない工夫をしながら行うようにしましょう。

 

胸への衝撃を吸収してくれるスポーツブラなど、適度にバストを固定してくれる下着を身につけるのが最適です。

ダイエット中こそより栄養管理が重要に

お箸を持つかわいい女性

 

「食事制限も運動もバストには悪影響となるとどうやって痩せればいいの?」と不安になられた方もいらっしゃるでしょう。

 

実は食事制限も制限の方法によって、運動と組み合わせるとダイエットとバストアップの両立ができるようになります。食事制限も食べない、食事の量のみを単純に減らすことはNGです。

 

ダイエット中こそ栄養に気をつけることが成功までの第一歩。特にバストアップに良いとされている食材はダイエットにも良い食材が多いので賢く取り入れていきましょう。

 

ダイエット、バストアップを両立するための大事な栄養素、それはたんぱく質(←超重要なので大きくしました)です。

 

悪循環の起点はたんぱく質不足!

たんぱく質がダイエットによる食事制限で摂取量が減ってしまうと、たんぱく質から作られる筋肉の量が減り、体の代謝が悪くなってしまいます。そして代謝が悪くなるとエネルギーも減りますので疲れやすくなるだけでなく、太りやすい体になってしまいますね。

 

ダイエット中は高たんぱく、低カロリーを意識した食事を取ることが大事です。また、乳腺の発達を促していく女性ホルモンの分泌もバストアップのためには欠かせません。

 

そこでダイエット、バストアップに良い食材として、大豆製品があげられます。

 

例えば大豆製品の代表である豆腐のカロリーは同量の白ご飯の約半分で、たんぱく質は豆腐1丁あたりで白ご飯の茶碗約6杯分と高たんぱく・低カロリーを実現していますね。他にも豆乳や味噌、納豆など大豆製品はダイエットに良いと言われている食品ばかりです。

 

さらに、大豆食品に含まれる「大豆イソフラボン」という栄養素は乳腺を発達させる女性ホルモン・エストロゲンと同じような働きを体の中でしてくれます。

 

ただし大豆イソフラボンの過剰摂取は乳がんや月経不順の可能性が上がるという説もあり、あまり過剰な摂取は避け、バランスのよい食事を心がけるようにしましょう。

バストアップサプリで成分を補うのもとても重要

ダイエット中は栄養バランスの良い食事も必要ですが、やっぱり効果的に痩せてバストアップもしたいと考えられるときには必要な栄養素をサプリメントで補っていくことも大事です。

 

バストアップのためのサプリメントの成分で有名なのが「プエラリア」。プエラリアはマメ科植物の1種を原料として、女性ホルモン・エストロゲンを活性化する効果が大豆以上にあると言われています。

 

栄養バランスの取れた食事、バストを揺らさない適度な運動で筋肉量や代謝を落とさないようにすることでバストを維持、さらにサプリメントの効果でバストアップもできたら一石二鳥ですね。