授乳したら胸が驚くほど小さくなった

かわいい女性

 

妊娠中・授乳中はあれだけ張りのある大きなバストだったのに、授乳後、つまり赤ちゃんが卒乳すると胸が垂れてしまったと嘆くママさんたちは多いようですね。

 

育児中は自分の胸が垂れることなど構っていられないという人もいるかもしれませんが、放っておくと着たい服も着れず海や温泉などに行くのも億劫になってしまいます。

授乳後に胸が垂れる理由

そもそも授乳後に胸が垂れてしまうのは、授乳中に発達していた乳腺がその活動を終えるため。

 

胸の脂肪は乳腺を守るために存在しているので、乳腺の量が減るとそれに比例して脂肪も減ってしまい、大きかった胸は元の大きさに戻ってしまいます。

 

ところが胸の大きさに合わせて伸びていた胸の皮膚は元の面積に戻ることができないため、伸びきった胸の皮膚だけが残って重力に逆らえず、垂れ下がってしまうのです。

 

いわば「中身の大きさに対してそれを入れる袋が大きすぎる状態」なわけです。

授乳後の垂れた胸を元に戻す方法

では授乳後の垂れてしまった胸をどうすれば元のようにツンと上を向いたハリのあるバストに戻すことができるのでしょうか。

 

その1つの方法は、伸びてしまった皮膚を引き締めて元の表面積に戻してあげること。

 

前述の例で言えば「中身の大きさに袋を合わせる」というわけですね。これには皮膚を引き締める成分が配合されたマッサージクリームを使い、毎日入浴時などに胸を下から上へと押し上げるようにしながらマッサージする方法が有効です。

 

また、食事や睡眠の改善によってホルモンバランスを整え女性ホルモンを多く分泌させることで、減少してしまった乳腺を再び増やすという方法もあります。

 

つまり「袋の大きさに中身を合わせる」わけですね。特に育児中は何かとストレスを抱えやすく、ホルモンバランスも乱れてしまいがち。

 

大豆イソフラボンなどバストアップに良いとされる栄養素を積極的に摂り、夜はしっかり睡眠をとることで乳腺を再び発達させましょう。

 

また同時に重力に負けることなくしっかり胸を支えてくれるよう、大胸筋を鍛えるようにしてください。

 

大胸筋を鍛えるには、腕立て伏せやダンベル体操などが効果的ですが、運動時に胸が揺れると垂れる原因になってしまうので、できるだけ胸の揺れが少ない運動を選びましょう。