貧乳になる後天的な原因は3つ

水着の女性

 

「私の貧乳は遺伝だから仕方ない・・」そう考えてあきらめてしまっている人は少なくないでしょう。確かに貧乳には遺伝的要素はあるものの、それは原因の中の約20〜30%を占めているに過ぎません。

 

残りの70〜80%は、本人の生活習慣によるものであり、それらを改善すればバストアップする可能性は十分にあるのです。

 

そこで貧乳の原因になる代表的な生活習慣を挙げてみたいと思います。

 

姿勢が悪い

特に日本人は猫背が多いと言われますが、猫背は貧乳の原因になります。まず猫背だと血流が悪くなるのでバストに必要な栄養素や女性ホルモンが届けられにくくなってしまうため、胸の成長が阻害されてしまいます。加えて胸を土台から支えている大胸筋が萎縮し、筋力が弱まってしまうため、バストの位置が下がり胸自体も垂れて小さく見えてしまうのです。

 

食べないダイエット・偏った食事

ダイエットをすると胸から痩せるという人は少なくありませんが、これは極端な食事制限や1つのものだけを食べ続ける無理なダイエットをした場合に起こりやすい現象です。このようなダイエットによって胸の成長に必要な栄養素、特に女性ホルモンの分泌を促す栄養素が不足することで貧乳になってしまうのです。

 

例えばダイエット中はカロリーの高さから肉類などのタンパク質を敬遠しがちですが、タンパク質には女性ホルモンの分泌を促す働きがあるため、バストアップには欠かせない食材です。また胸の90%は脂肪でできていますから、ダイエットによって脂肪分が少なくなるとやはり胸も小さくなってしまいます。逆にジャンクフードや油物、お菓子が大好きでそんな食事ばかり摂っているという人も貧乳になる傾向があります。

 

というのもバストアップは脂肪やタンパク質の他にビタミンやミネラルなど、他の栄養素が相互に影響し合って始めて可能になるからです。「栄養バランスの取れた食事」は健康や美容に良いとされていますが、バストアップにもやはり欠かせない要因なのです。

 

睡眠不足

睡眠不足は万病の元、これは貧乳にも当てはまります。バストの成長を促す成長ホルモンや女性ホルモンは睡眠中に活発に分泌されるため、せっかくバストアップに良いとされる栄養素を摂取していても睡眠不足で育乳の指令を出すホルモンの分泌が滞れば栄養素は胸に作用してくれません。またホルモン分泌には睡眠の量だけでなく質も関係しているようです。

関連ページ

ただ大胸筋を鍛えてもバストは大きくならない|効果的な鍛え方は
バストアップに役立つ食べ物は?栄養を正しく摂って健康的に胸を大きく
バストアップするには胸の構造を正しく知ることも大切
バストアップクリームの効果や安全性は?気になる副作用と人気の商品について
漢方薬でバストアップ!?身体にやさしい?気になる副作用などは・・・
アロマにバストアップ効果アリ!?有効な種類と効果的な使い方まとめ
プエラリアミリフィカの効果は?気になる副作用や失敗しない飲み方は
姿勢を良くするとバストアップにつながる!?毎日の習慣で大切なことは
牛乳を飲むとバストアップするのは本当?各国の分析で気になるデータも
6種類の形から見える理想的なバストの形は?タイプ別に解説
男がバストアップする方法は?実は男性にも有効な手段あり
プエラリアの偽物の見分け方|押さえておきたいポイントは
薬局で買えるバストアップサプリの効果は?購入する時の注意点は
ストレスはバストアップに影響する?イライラを溜めない方法は
卵胞期と黄体期がバストアップに関係|バストアップに最適な時期は
胸を揉むと大きくなるのは本当?真実か都市伝説なのか
アミノ酸はバストアップには欠かせない栄養素!具体的にはどれを摂る?
バストはいつまで成長する?何歳からでもバストアップはできる?