大きさよりもむしろ形のほうがバストは重要

胸の大きさを自分で計る女性

 

「男は大きいバストが好き」。単純にそう考えている女性は少なくありませんが、じつは男性の殆どは胸の大きさよりも形やバランスを重視しています。

 

形の良いバランスのとれた美乳であれば、それ程大きくなくても良い、というわけです。そこでまずはバストを形から種類分けし、理想的な形を探ってみましょう。

 

バストの形は大きく分けて6種類
半球型

バストの直径とバストトップから基底部分までの高さとがほぼ同じ長さで、均等に盛り上がっているバスト。丁度お椀を胸に当てたような形でもあるため、別名「お椀型」とも言われます。

円錐型

バストの直径よりバストトップから基底までの高さが長く、上に突き出たような尖った形のバスト。別名「ロケット乳」とも言われます。

釣鐘型

トップとアンダーの高低差が最も大きくボリュームがあるものの、円錐型よりバストトップの位置が下がっているため、釣鐘のような形になっているバストです。

皿型

トップとアンダーの差が殆どない、俗に言う「ペチャパイ」です。お皿にように膨らみがないのでこのように呼ばれます。

三角型

デコルテからトップバストにかけてボリュームがなく、トップバストが上を向いているので反った胸に見えます。バストの下部分には丸みがあるので横から見ると三角形に見え、別名「ピラミッド型」とも言われています。

下垂型

三角型より更に垂れ下がった長いバスト。加齢や授乳などが原因であることが殆どです。

 

理想的なバストの形とバランスとは

以上の6つの形のうち、「美乳」とされているのは半球型、別名お椀型です。

 

しかしこのタイプは乳腺の量が多く発達している欧米人に多く、残念ながら乳腺が少なく脂肪量が多いことが特徴の日本人のバストは、垂れやすいため三角型になりやすいのです。

 

また美乳のバランスは、鎖骨の中央の凹みから1p下の位置と左右のバストトップの位置が正三角形であることとされていますが、垂れやすい日本人の胸はこのバランスも崩れがちになります。

 

したがって半球型のバランスの良いバストを手に入れるには、乳腺を発達させ欧米人のような乳腺質の胸になるよう女性ホルモンを活性化させたり、大胸筋を鍛えて垂れにくい胸にしたりすることが必要になります。

関連ページ

ただ大胸筋を鍛えてもバストは大きくならない|効果的な鍛え方は
バストアップに役立つ食べ物は?栄養を正しく摂って健康的に胸を大きく
バストアップするには胸の構造を正しく知ることも大切
バストアップクリームの効果や安全性は?気になる副作用と人気の商品について
漢方薬でバストアップ!?身体にやさしい?気になる副作用などは・・・
アロマにバストアップ効果アリ!?有効な種類と効果的な使い方まとめ
プエラリアミリフィカの効果は?気になる副作用や失敗しない飲み方は
姿勢を良くするとバストアップにつながる!?毎日の習慣で大切なことは
牛乳を飲むとバストアップするのは本当?各国の分析で気になるデータも
貧乳の原因と対策|遺伝は影響するの?
男がバストアップする方法は?実は男性にも有効な手段あり
プエラリアの偽物の見分け方|押さえておきたいポイントは
薬局で買えるバストアップサプリの効果は?購入する時の注意点は
ストレスはバストアップに影響する?イライラを溜めない方法は
卵胞期と黄体期がバストアップに関係|バストアップに最適な時期は
胸を揉むと大きくなるのは本当?真実か都市伝説なのか
アミノ酸はバストアップには欠かせない栄養素!具体的にはどれを摂る?
バストはいつまで成長する?何歳からでもバストアップはできる?