バストの大きさ、ハリをつかさどる組織とは

説明する看護師

 

補正下着や豊胸手術などではなく、根本からバストアップを図るなら、まずはやっぱり胸の構造を知って本来どのようにバストが成長するのかを把握しておかなければなりません。

 

バストアップの基礎知識として是非覚えてください。バストの大きさに関係する組織は「乳腺」と「乳房内脂肪組織」、バストのハリに関係するのは「大胸筋」と「クーパー靭帯」です。

乳腺と乳房内脂肪組織

乳腺とは母乳を生成する器官で、そもそも授乳のためにある女性のバストはこの乳腺の数や発達具合によって大きさが決まります。

 

というのも、乳房の90%を占める乳房内脂肪組織はこの乳腺を守るために存在するからです。逆に乳腺が小さく少ないと、守るべき相手がいないため脂肪も付いてくれないのです。

 

このことから胸の脂肪そのものを増やそうとするよりは、乳腺の数を増やす方が効率的にバストアップできることが分かりますね。

 

この乳腺組織は、女性ホルモンが乳腺組織内に存在するラクトゲン受容体に作用する時に成長していきます。バストアップのためには女性ホルモンが欠かせないと言われているのはこのためです。

大胸筋とクーパー靭帯

胸のカップサイズそのものには関係ないとは言え、バストをより大きく美しく見せてくれるのに欠かせない組織が、大胸筋とクーパー靭帯です。

 

大胸筋は土台部分で支えている天然のブラジャーのようなもので、ここの筋肉が弱いとバストは重力に負け、下に下がってしまいます。

 

デコルテ部分が寂しく、肋骨が浮き出て見えている人がいますが、これは大胸筋の筋力が弱く胸が下に落ちてしまっているため。

 

同じカップサイズでもバストの位置が高いとより大きく美しく見えますから、大胸筋を鍛えることでバストアップすると言われているのです。

 

また大胸筋と共にバストが重力に負けないように支えているのがクーパー靭帯です。クーパー靭帯は乳房の中で丁度広げた傘の骨の部分のようにして乳腺と皮膚・筋肉とを繋ぎとめ、下に下がらないよう支えると同時にバストが下を向いたいわゆる「垂れ乳」にならないようにも支えてくれています。

 

 

クーパー靭帯は激しい運動やブラジャーを着けないことで伸び切ったり切れたりすることがあり、そうなると胸を支えることができなくなってバストが下に下がり垂れてしまいます。

 

これを防ぐためには日頃から胸をしっかり保護する意識を持つ必要があるでしょう。

関連ページ

ただ大胸筋を鍛えてもバストは大きくならない|効果的な鍛え方は
バストアップに役立つ食べ物は?栄養を正しく摂って健康的に胸を大きく
バストアップクリームの効果や安全性は?気になる副作用と人気の商品について
漢方薬でバストアップ!?身体にやさしい?気になる副作用などは・・・
アロマにバストアップ効果アリ!?有効な種類と効果的な使い方まとめ
プエラリアミリフィカの効果は?気になる副作用や失敗しない飲み方は
姿勢を良くするとバストアップにつながる!?毎日の習慣で大切なことは
牛乳を飲むとバストアップするのは本当?各国の分析で気になるデータも
貧乳の原因と対策|遺伝は影響するの?
6種類の形から見える理想的なバストの形は?タイプ別に解説
男がバストアップする方法は?実は男性にも有効な手段あり
プエラリアの偽物の見分け方|押さえておきたいポイントは
薬局で買えるバストアップサプリの効果は?購入する時の注意点は
ストレスはバストアップに影響する?イライラを溜めない方法は
卵胞期と黄体期がバストアップに関係|バストアップに最適な時期は
胸を揉むと大きくなるのは本当?真実か都市伝説なのか
アミノ酸はバストアップには欠かせない栄養素!具体的にはどれを摂る?
バストはいつまで成長する?何歳からでもバストアップはできる?