卵胞期と黄体期を正しく知ることがバストアップに大切

さわやかな女性

 

バストアップには女性ホルモン、または成長ホルモンなど、ホルモンが密接な関係にあるということを知っている方もたくさんいることでしょう。

 

しかしながら、それよりも詳しく何がどのように大切なのか知っている女性は少ないのが現状です。

 

バストアップに欠かせないとされている卵胞期と黄体期について、生理には密接な関係にあるということはわかっていても、バストアップに欠かせない時期でもあるということを知らない方も多いのではないでしょうか?

 

今からでも遅くありません、卵胞期と黄体期についてどんなことがバストアップにつながっているのか、しっかりと理解しておきましょう。

 

バストアップに大切な卵胞期

聞いたことはあるものの、卵胞期が一体どんなものなのか知らない方もいるのではないでしょうか。

 

生理が終わってから次の排卵が来るまでの期間を卵胞期といいます。体温が一番低い低温期が卵胞期にあたります。

 

この卵胞期、実は女性ホルモンの分泌量が生理から次の生理がくるまでの期間で最も多いのです。

 

体調も万全で、ダイエットにも適している時期でもあります。女性が最も美しくいられる時期とも言えるかもしれませんね。

 

卵胞期とは逆の黄体期

黄体期は、排卵が始まってからの10日前後を指します。排卵が終わると、肌荒れが起こったり便秘がちになったりイライラしたりしませんか?これは黄体期の特徴で、卵胞期とは逆の心身の状態になるのが特徴です。体温が高くなる時期でもあり、高温期に入るため妊娠しやすい時期でもあります。

 

バストアップをするならどっち?

ここまで、卵胞期と黄体期の説明をしました。双方バストアップには欠かせない時期ではあるものの、よりバストアップの効果が出やすい時期となるのが卵胞期になります。

 

なぜなら、卵胞期はバストアップを左右するエストロゲンという女性ホルモンの分泌が多いため、この時期に有効である成分を取り入れることで、さらなるバストアップを期待することができるからです。

 

女性が最も美しくいられる時期でもあり、最大限に発揮できるのが卵胞期です。

 

生理が終わってから次の排卵がくるまでの時期を上手に活用することが、成長期を過ぎてからのバストアップには欠かせません。

関連ページ

ただ大胸筋を鍛えてもバストは大きくならない|効果的な鍛え方は
バストアップに役立つ食べ物は?栄養を正しく摂って健康的に胸を大きく
バストアップするには胸の構造を正しく知ることも大切
バストアップクリームの効果や安全性は?気になる副作用と人気の商品について
漢方薬でバストアップ!?身体にやさしい?気になる副作用などは・・・
アロマにバストアップ効果アリ!?有効な種類と効果的な使い方まとめ
プエラリアミリフィカの効果は?気になる副作用や失敗しない飲み方は
姿勢を良くするとバストアップにつながる!?毎日の習慣で大切なことは
牛乳を飲むとバストアップするのは本当?各国の分析で気になるデータも
貧乳の原因と対策|遺伝は影響するの?
6種類の形から見える理想的なバストの形は?タイプ別に解説
男がバストアップする方法は?実は男性にも有効な手段あり
プエラリアの偽物の見分け方|押さえておきたいポイントは
薬局で買えるバストアップサプリの効果は?購入する時の注意点は
ストレスはバストアップに影響する?イライラを溜めない方法は
胸を揉むと大きくなるのは本当?真実か都市伝説なのか
アミノ酸はバストアップには欠かせない栄養素!具体的にはどれを摂る?
バストはいつまで成長する?何歳からでもバストアップはできる?