毎日の食べ物を見なおしてバストアップ

フルーツグラノーラ

 

バストを美しく、そして大きくしたいと考えたときに一番に見直すところは日ごろの食生活です。最近では過食や拒食、手軽な外食やファストフードなどバストアップを妨げる食の問題が多くありますね。

 

食生活の乱れはバストアップの大敵。運動不足や精神的なストレス、そして食生活の乱れが原因となり、女性ホルモンが抑制されてしまうとバストアップへの大きな障害となってしまいます。

 

バストアップには女性ホルモンの分泌が欠かせません。

 

特に乳腺に作用する「エストロゲン」の分泌量を増やすことが重要です。「エストロゲン」は食品から摂取することもできますし、また体内の「エストロゲン」を活性化させる食品もあります。

 

さらに、バストアップのためには「エストロゲン」の分泌だけでなく、体や心の状態を整えるためにバランスの良い食事と栄養素が大事になります。

 

それではバストアップのために取り入れるべき食品、栄養素について解説していきましょう。

 

何といってもイソフラボンの摂取が重要

豆乳と大豆

 

バストアップに効果があるといわれているよく聞く栄養素は「イソフラボン」。「大豆イソフラボン」とも言われており、その名の通り植物の「大豆」からとることができる栄養素です。

 

実はこのイソフラボンは乳腺に作用する女性ホルモン・エストロゲンに分子構造がそっくりで、体の中でエストロゲンと同じような働きをしてくれます。

 

つまり、イソフラボン摂取が乳腺の発達、バストアップに繋がるんですね。

 

また、イソフラボンが体内のエストロゲンの不足をフォローしてくれることで、更年期症状の緩和や美肌、自律神経を整えてくれるなどの効果も期待できます。

 

イソフラボンは女性の体にとって良い働きかけをしてくれる大切な栄養素です。次はイソフラボンを効果的に取ることができる食材やレシピを紹介していきましょう。

 

イソフラボンを効果的に摂取できる食材とレシピは

イソフラボンを摂取できるのはやはり大豆食品。大豆そのものの他に取り入れやすく加工された食品もありますね。

 

まず1番はヘルシーな食品の代表である「豆腐」がおススメです。

 

夏場は冷奴、冬は鍋にいれたりと食卓に登場する場面も多い定番の食品に実は女性に嬉しいイソフラボンが多く含まれています。

 

また豆腐は1丁(300グラム)あたりカロリーもご飯の半分ですので、ダイエットにもピッタリです。

 

食材との相性もバツグン

豆腐の良いところは何にでも合うところ。例えば冷奴1つでもキムチを乗せて脂肪を燃やすカプサイシンがプラスできたり、とりけるチーズを乗せてレンジでチンするだけでもたんぱく質がプラスされます。

 

また豆腐はオリーブオイルや話題のごま油など良質な油との相性もよいですね。豆腐には少し手を加えるだけで様々な味が楽しめそうです。

 

豆腐の次にご紹介するのが「豆乳」。

 

バストアップというと牛乳と言われることもありますが、実は牛乳ではなく「豆乳」がバストアップには効果があります。

 

牛乳は牛の乳ですが、豆乳の原料は大豆。豆乳はイソフラボンたっぷりの大豆を水に浸してすりつぶしたあとに、水で煮詰めた汁をこして作られます。

 

豆乳は飲むときに独特の少し青臭い味がありますが、最近ではいろいろな味、例えば紅茶味やいちご味などのものもあり飲みやすくなっていますね。

 

また、パックジュースのようにコンビニでも売られているので一番手軽にイソフラボンを摂取できます。

 

ただしパックの豆乳には砂糖入りのものもありますので、気になる方にはカロリーオフや無糖タイプのものがおススメです。

 

その他大豆イソフラボンが含まれた食品と言えば、納豆や味噌、きな粉や油揚げなどがあります。これらの食品は値段が安いこともありますので、どんどん取り入れていけたらいいですね。

 

ただしイソフラボンの過剰摂取は月経不順や乳がんのリスクも

バツをする女性

 

豆腐や油揚げ、納豆など日常の食卓にもよく並ぶ大豆イソフラボンを含んだ食品ですが、実は大豆イソフラボンには摂取量の目安があります。

 

大豆イソフラボンは体にダイレクトに作用しますので、過剰摂取により実は悪い影響もでますので注意が必要です。

 

大豆イソフラボンの1日の摂取上限は1日に75mgと2006年に食品安全委員会が「大豆イソフラボンを含む特定保険用食品の安全性評価の基本的な考え方」で発表しています。

 

 

大豆イソフラボンの1日の摂取目標としては40〜50mg程度が妥当です。豆腐であれば1/2丁もしくは納豆1パックにプラスして味噌汁1杯程度の摂取量が望ましいですね。

 

特に過剰摂取に注意しなければならないのは女性の生理の終わる閉経前です。

 

閉経前に女性ホルモンが多く体に入ってしまうと体がエストロゲンが入ってきていると反応し、バランスを崩し月経の不順を招いてしまうことがあります。

 

さらに、現在はまだ研究段階にありますが、過剰摂取により乳がんの再発や発生リスクを高めてしてまう恐れもあります。

 

イソフラボンは不足しがちなところを補う程度で過剰に摂取するものではありません。

 

毎日の食事もそうですが、栄養素にはきちんと摂取の推奨の量がありますので、闇雲に摂りすぎてしまうとバランスが崩れるということですね。

 

さらにビタミンEの摂取も大切

ビタミンEたっぷりのナッツ類

 

2つ目の栄養素として重要なのが「ビタミンE」です。

 

ビタミンの中でも「ビタミンC」というと美肌などの効果で有名ですが、バストアップに欠かせない「ビタミンE」は血行促進の働きをしてくれるのに加えて女性ホルモンを作る材料にもなってくれるなど様々な効果があります。

 

「若返りのビタミン」として、アンチエイジングにもビタミンEはとても有効なことはよく知られていますね。

 

ビタミンEと言えばなんといっても「抗酸化作用」。

 

ビタミンEは血液中の悪玉コレステロールを減らしてくれる効果がありますので血流がよくなります。いくら栄養をたくさんとってもバストまで栄養が運ばれなければ意味はありませんので、バストアップにはとても大事なことです。

 

ビタミンEを多く含む食品としては、アボカドや梅、落花生などのナッツ類やかぼちゃがあげられます。

 

1日の摂取目安量は7mgですので、こちらもバランスよく摂取していきましょう。

 

ボロンもエストロゲンの増加に効果大

 

3つ目はあまり聞きなれない「ボロン」という栄養素。

 

ボロンが注目を集めたのはタレントの平山あやさんがボロンが含まれたある野菜を食べ続けてバストアップしたという話題からでした。

 

そのある野菜とは食卓でもおなじみの「キャベツ」です。ボロンは日本語で言うと「ホウ素」でミネラルの一種、実は女性ホルモン・エストロゲンの手助けをする栄養素でバストアップに効果的と言われています。

 

平山あやさんはバストアップのために毎日キャベツを1玉くらい食べていたそうです。すごい量ですね。

 

ちなみにボロンの一日の摂取量は約400μgといわれています。じつはこの量、ちょうどキャベツ一玉分にあたります。

 

また、ボロンは熱に弱いのでキャベツであれば生のままで食べなければなりません。

 

食前にキャベツを沢山食べるとダイエット効果もありそうですが、さすがに毎日はキツイので最近ではサプリメントでボロンを取り入れる場合が多いですね。

 

筋肉をつくるためのたんぱく質も欠かせません

牛のリブロース

 

最後にご紹介するのがおなじみの「たんぱく質」。

 

バストアップを実現するためには胸に肉をつけなければなりません。そのバストの良質な肉をつくってくれるのがたんぱく質です。

 

たんぱく質の女性の1日の摂取目安は体重によって異なり、体重1kgあたり1gです。体重40kgの方であれば単純に40gですね。

 

ふたつのたんぱく質をバランスよく

また、たんぱく質には「植物性」と「動物性」がありそれぞれをバランスよく摂ることが大事になってきます。植物性たんぱく質を含む食品で代表的なものが先にご紹介したイソフラボンも含む大豆食品です。

 

たんぱく質もイソフラボンも一緒に取れて一石二鳥ですが、イソフラボンには1日の摂取量がありますので注意が必要ですね。

 

一方動物性のたんぱく質は牛・豚・鳥などの肉、卵白やマグロなどに含まれます。

 

肉類は油が気になりますが、体のバランスを整えるためにはある程度の油も必要ですので、偏りのないように摂取するようにしてください。

 

バストアップのために必要な栄養素をご紹介していきましたが、一番はバランスです。

 

各栄養素の摂取目安を考えながら日々の食生活の見直しをおこなうことで、より美しいバストを目指していきましょう。

関連ページ

ただ大胸筋を鍛えてもバストは大きくならない|効果的な鍛え方は
バストアップするには胸の構造を正しく知ることも大切
バストアップクリームの効果や安全性は?気になる副作用と人気の商品について
漢方薬でバストアップ!?身体にやさしい?気になる副作用などは・・・
アロマにバストアップ効果アリ!?有効な種類と効果的な使い方まとめ
プエラリアミリフィカの効果は?気になる副作用や失敗しない飲み方は
姿勢を良くするとバストアップにつながる!?毎日の習慣で大切なことは
牛乳を飲むとバストアップするのは本当?各国の分析で気になるデータも
貧乳の原因と対策|遺伝は影響するの?
6種類の形から見える理想的なバストの形は?タイプ別に解説
男がバストアップする方法は?実は男性にも有効な手段あり
プエラリアの偽物の見分け方|押さえておきたいポイントは
薬局で買えるバストアップサプリの効果は?購入する時の注意点は
ストレスはバストアップに影響する?イライラを溜めない方法は
卵胞期と黄体期がバストアップに関係|バストアップに最適な時期は
胸を揉むと大きくなるのは本当?真実か都市伝説なのか
アミノ酸はバストアップには欠かせない栄養素!具体的にはどれを摂る?
バストはいつまで成長する?何歳からでもバストアップはできる?